バレンタイン

バレンタイン対策。気になる同僚に「義理じゃないよ」と気付いてもらうテクニック。

婚活中の30代、40代女性にとってバレンタインデーは大きなチャンスです。

既にお付き合いしている人がいる場合は「どんな物を渡そうかな…」とお悩みかと思いますが「このチャンスに、自分の気持ちを伝えたい」と考えている方も多いのではないでしょうか?

バレンタインデーにチョコレートを渡す……と言っても、気になる人が職場の同僚の場合はなかなかキッカケが掴めなかったりするものです。

最悪の場合、せっかくチョコレートを渡しても「義理チョコだな」と思われてしまう可能性も。

今回は気になる同僚に「義理じゃないよ。本命だよ」と気付いてもらえる渡し方についてお届けします。

「特別」な気持ちを伝えるために

「2人で飲みに行きましょう!」とお誘いメッセージを添える

チョコレートにメッセージを添えて渡されると「もしかして、これは」と思ってもらえる可能性が上がります。誘い出す理由なんて飲みでもランチでも映画でもかまいません。

気をつけていただきたいのが「今度」と言う言葉を使わないこと。「今度」だと社交辞令とも取られかねません。出来れば「次の週末」とか「来月のはじめ」と言うように具体的な日にちを書いておくと本気度がより伝わります。

ストレートに「義理じゃないですよ」と言って渡す

当たって砕けろって感じですが、これが1番確実に伝わります。もし相手に気がなくても、相手もいい年した大人であれば、好意を寄せられて悪い気がする人はいません。

「義理と本命、どっちがいいですか?」とかまをかける

ストレートに言えない場合、相手の出方を見る……と言うのもアリです。

もし、相手に脈がなさそうなら「冗談てすよ。ビックリさせてごめんね」と流してしまってください。

ただし、探りを入れるような方法は自分を試されているようだと嫌う男性もいるようです。

明らかに義理チョコと差をつけた高級チョコを渡す

これは職場環境によって出来ない方もおられるかも知れませんが、他の義理チョコと差をつけて「見るからに義理じゃない」としか思えない高価なチョコを渡すのもアリです。男性の中にははチョコレートの相場を知らない人がいますから「見るからに高級」である事が必要です。ただ、この方法は「ものすごく鈍い人」には伝わらない可能性もあります。

2人きりになれる空間で渡す

例えば残業中、2人きりになったチャンスだったり、エレベーターの中や階段の踊り場だったり。2人きりになれるチャンスを見計らって、相手の目を見て渡してください。2人きりになれるチャンスが無い人は使えない手段なので、万人向けとは言い難いのが難点ですが成功すれば効果的です。

バレンタインの翌日に渡す

これは、ある程度相手との距離を縮めている場合に有効な方法です。

相手の男性は、当日義理チョコさえもらえなかったことに「あれ?」と思っているはず。そのタイミングで「当日、渡したかったんだけど、渡す勇気が出なくて……でも間に合いますか?」と、あざとく時間差攻撃。ちなみに、私はこれで陥落した男性を知っています。当日もらうよりも、かえって印象深かったそうです。

朝一番に出社してデスクの引き出しに入れておく

朝一番に出社して気になる人のデスクの引き出しに義理チョコとは別のチョコレートを入れておいてください。この場合、義理チョコは大っぴらに配る事をオススメします。「義理チョコとは別のチョコを貰った」となると、流石に気付いてもらえるでしょう。

チョコにプレゼントを添える

相手の事をよく知っている間柄なら、彼が好きそうな小物などをチョコに添えてみてください。義理チョコにプラスαがあるとなれば「本命だ」と気付いてもらえると思います。

 

5 義理には見えない高級チョコを渡す

これは基本中の基本ですね。中高生なら「手作りチョコ」ってところかと思うのですが、大人同士の恋愛の場合、彼氏彼女の間柄でもないのに手作りを渡すと引かれてしまうかも知れません。流行に鈍い人でも「あ。これ高そう」とわかるよなう物を渡してください。メッセージを添えるとなお効果的。

まとめ

バレンタインデーと言っても学生時代なら「手作りチョコで…」なんて方法も使えましたが、社会人となるとなかなかそこまで出来ないのが現状です。まして同僚ともなればなおのこと。

……とは言うものの気持ちを伝えないままでは何もはじまりません。伝えてみたところで恋が実るとは限りませんが、バレンタインデーに女性から好意を示してもらって嫌な気持ちになる男性はいません。

バレンタインデーは1年に1度しかありません。せっかくのチャンスを逃さないよう頑張ってみてくださいね。

-バレンタイン
-, , ,

Copyright© ゆる恋婚活 , 2019 All Rights Reserved.