婚活

痛い女になっていませんか?同性からも引かれる痛い婚活女性について。

婚活をしていると心が荒んでくる事ってありませんか? 「とりあえず相手をゲット出来ればいいや」みたいな気持ちになってしまうと自分でも気が付かないうちに「痛い婚活女」のレッテルを貼られてしまうかも。

今回は同性からも引かれてしまう「痛い婚活女性」についてお届けします。

痛い婚活女性

婚活って調子よく進んでいる時は良いのですが、不思議と出会いには「波」のようなものがあって、何をやっても上手くいかない事がります。そうなると心がやさぐれてくるものですが行動や態度に反映されるようになったら要注意です。

婚活女子
婚活をしていると
気持ちが荒れる時ってありますね

婚活応援人
同性からも引かれるようになると
男性はますます寄ってこなくなるのよね

「出会いがない」が口癖。そのくせ出会いを作ろうとしない

「出会いがない」「いい男がいない」が口癖になっちゃってませんか?

「出会いがない」が口癖の人って、新しい出会いを作ろうとしていない人が多いようです。会社と自宅の往復、そして気の置けない同性の友達との女子会…だけでは出会いがないのも当然です。

「出会いがない」が口癖なのに自分から活動出来ていない人は同性の友達から「結婚できなくて当然」と思われているかも知れません。

婚活女子
出会いがないって言葉
つい言っちゃってるかも

婚活応援人
出会いは自分から
作っていくしかないんだけどね

「自然体が一番だから」と、あまりにも外見に気を使わない

「婚活してて、そんな人いるの?」とビックリされた方は大丈夫だと思うのですが、このタイプの人は意外と多いんです。ナチュラルと無頓着を履き違えていると言うか、ちょっと浮世離れしていると言うか。

「人間に大切なのは中身です」と言いたいところですが、婚活において見た目の魅力は重要です。

外見を気にしない人が婚活で成功するのは難しいかと思います。そして周囲からも「あれじゃあ結婚出来ないよね」と思われている可能性大。

婚活女子
流石にこれはキツイです

婚活応援人
でも、このタイプの人って
たま~にいるのよね

「今は仕事が恋人みたいなものだから」と虚勢を張る

これ、最悪です。自分から恋のチャンスを投げ捨てているも同然です。

このタイプの女性は無駄にプライドが高い人が多いようです。昔から「チャンスの女神様は前髪しかない」と言われていますが、これではチャンスを掴み損ねてしまいます。

少なくとも「彼氏が欲しい」「恋人が欲しい」と言う意思を明確にしておかないと、「あの人は仕事人間だから…」と、せっかくの縁を掴み損ねてしまうかも、

婚活女子
この気持はちっょと分かります
彼氏がいない自分が
ちょっと恥ずかしい…って言うか

婚活応援人
でも彼氏が欲しいって事をアピールしないと
いつまで経っても彼氏なんて出来ないからね

自称サバサバ系の下品な女性

「竹を割ったような性格」とか「サバサバした性格」の女性が好きな男性は一定層いるのですが「自称」がつくと戴けません。

特に自称サバサバ系の女性で言葉遣いや動作が荒っぽい人は要注意。「あれじゃあ、男性も寄ってこないわ」と痛い人認定されてしまうかも。無理に上品を意識する事はありませんが、大人の女性として当然の言葉遣いくらいは心がけて欲しいものです。

婚活女子
あ~いますね
こう言うタイプの人

婚活応援人
本当にサバサバしている人なら
仕方がない気もするんだけど
そうでない場合は痛々しいよね

尽くされて当たり前と思っている

このタイプ。10代、20代にモテ期を経験している女性に多く見受けられます。ですが、よく考えてみてください。「男なんてよりどりみどり」と言う季節はとっくに終わっているのです。

「やってもらって当たり前」「尽くされて当たり前」と言うスタンスの女性と付き合いたいと思う男性は稀有な存在と言っても過言ではないでしょう。

このタイプの女性は周囲からも「勘違い女」「痛い女」のレッテルを貼られている可能性大。

婚活女子
悔しいけれど
年齢って重要ですよね

婚活応援人
自分の年齢を自覚して欲しいな

「でも」「だって」とネガティブ癖がついている

人間、誰でも迷ったり悩んだりする事はあります。ですが周囲からアドバイスを受けた時に「でも」「だって」を連発するのはNG。

ぶっちゃけ、同性の友達でも一緒にいて疲れます。

なかなか踏み出せなかったり、自分を変える事が出来ないとしても、せめて「でも」と「だって」は封印してください。あまり「でも」と「だって」を連発していると「でも…とか、だってばっかり言ってるから彼氏が出来ないんただよ」と言うレッテルが貼られてしまうかも知れません。

婚活女子
ネガティブな人とは
一緒にいても疲れますね

婚活応援人
たまに愚痴をこぼすのはアリだけど
限度物って感じかな

コンパ等で盛り上げ役に徹してしまう

これ。凄く良い人なんです。たぶん、付き合ってみれば良い彼女・良い妻になれるタイプなんです。ですがこう言う人の良さって男性には伝わり難いものです。むしろ周囲から「痛い人」認定されている可能性も。

このタイプは30代、40代の仕事が出来る人に多いようようです。世話焼き姉さんタイプ…と言うのでしょうか。もちろん、こう言うタイプの女性が好きな男性もいるのですが「友達としては良さそうだけど…」と敬遠されしまいがち。

飲み会やコンパの場では周囲に気を使うのも良いですが、落ち着いて話をしたりしてみてはいかがでしょうか?

婚活女子
これは…切ないですよね

婚活応援人
いい人なのは間違いないけど
男性には伝わらないのよね…

まとめ

提案します

いかがでしょうか? 上記のタイプに心当たりがある方は要注意。自分では知らないうちに「痛い女」のレッテルを貼られてしまっているかも。

頑張り過ぎて空回りしてしまっている人の場合、ちょっと気を付けるだけで印象を変える事が可能です。

せっかく婚活するのであれば、効率良く動きたいもの。痛い女にならないように、ほんの少し気をつけてみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい

婚活女性必見!宝塚音楽学校『ブスの25箇条』にモテる秘訣を学ぶ。

304代、40代の婚活は出会いの機会を広げる事が大切ですが、それと同時に愛される自分になる……突き詰めて言うと「モテる女 ...

-婚活
-, , , , , ,

Copyright© ゆる恋婚活 , 2019 All Rights Reserved.