婚活

婚活女子が知っておきたい「いい人」を紹介してもらうコツ。

結婚したいと思っている婚活女性と話していると「いい人いたら紹介してください…ってお願いしているんですけど、ぜんぜん話が来ないんですよね」なんて事を言う方が多いように思います。

世の中には結婚したいのに独身の男女があふれているはずなのに、どうして自分には「紹介」のチャンスさえ無いんだろう?

そんな風に思ったことはありませんか?

筆者は独身時代に「誰でもいいから紹介してくれたらいいのに……」なんてことを、よく思っていました。

「いい人いたら紹介してください」と言っている間は、まずもって誰も「いい人」を紹介してくれないものです。世の中にこれだけ独身男性がいるのだから、手持ちのカードの1~2枚はあるはずなのに、お願いされた人は手持ちのカードを出し渋ります。

婚活で「いい人」を紹介もらうコツ

結婚したいと思っている独身者って剥いて捨てるほどいるばすなのに「いい人を紹介してください」と頼まれた人達は、どうして「いい人」を紹介してくれないのでしょうか?

婚活女子
そうなんですよね~
「いい人いたら紹介してください」って言っても
紹介してくれる人いませんよね

婚活応援人
婚活あるあるだけど
そこから脱出するには
もう1歩踏み込む必要があるかな

いい人の定義を考えてみる

「いい人がいたら紹介してください」と言われた時、相手はこう思うのです。「いい人って言われてもねぇ。だいたい、どんな人が好みなの?」と。

そう聞かれた時に、サクッっと「こういう人が好みです」と返答出来れば上出来なのですが、しかしそれだけでは「いい人」を紹介してもらうのは難しいかも知れません。

何故なら、そこそこの年齢まで独身でいる女性は、結婚相手に対する条件が厳しいだろうと思われているからなのです。

「四大卒で大手企業に働くサラリーマンで、貴女の2つか3つ上の男性」を連想する人が多いのか「身の回りにいる独身男性」では、貴女のお眼鏡に叶わないだろう……って事で「紹介するほどでもないか」という流れにおさまってしまうのです。

この状況を打破するには「いい人いたら紹介してください」と言うだけでなく「自分がいかに結婚したいか」あるいは「自分にはこういう妥協点やオススメポイントがある」等、本心から「誰か紹介して欲しい」と思っているのだとアピールしていく必要があります。

婚活女子
私、そんなに高望みしてないんですけど

婚活応援人
だから、そこをちゃんと伝えないとね

具体的な条件とアピールポイントを伝える

・仕事好きって思われがちなんですが本当は家庭のこと大好きなんです。
・真面目な方でしたらサラリーマンさんでなくてもいいんですけど。
・祖父母と同居していたので、ご両親との同居も抵抗ないんですけどね。
・年上好きなので、ひとまわりくらい上の方でも平気なんですけど。
・人柄が1番だと思うので学歴とか気にしないんですけど。

具体的にアピールするところは色々あるように思います。

「いい人いたら紹介してください」に、もうひと言付け加えるだけで「そうか…じゃあ、自分の知り合いに結婚したいって言ってる子がいるんだけど1度会ってみない?」となる可能性がグッっと上昇します。

婚活女子
私の知っている限り
本気で婚活している人って
そこまで高望みしてないですよね

婚活応援人
それを相手に伝る事がポイントよ

筆者はもともと年上好きだったので「ひとまわりくらい上の方でもOKです」とアピールしていました。実際、それで10歳上の方とお見合いしたことがあります。その方とは残念ながら上手くまとまりませんでしたが、言ってみるのは大切だな…と感じました。

まとめ

実のところ「四大卒で大手企業に働くサラリーマンで。年収800万円で自分の2つか3つ上の男性」を望んでいるなら「知人からの紹介」という線でお相手を探すのは難しいかも知れません。てすが本気が婚活されている方でそこまで夢見がちな方はおられないかと思います。

「いい人」を紹介してもらいたいのであれば、具体的な条件(妥協点)をアピールしつつ、身近な人にお願いしてみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい

独身男性が「誘いにくい」と感じる女性の特徴について。

男性が女性をデートに誘う時、一般的に「高嶺の花」は誘いにくいとされています。確かに世の中には「美人なのに何故かモテない」 ...

-婚活
-, , , ,

Copyright© ゆる恋婚活 , 2019 All Rights Reserved.