婚活

50代の恋愛と結婚。50代カップルが選んだ事実婚と言う選択。

52歳の年上の友達が結婚する事になりました。しかも彼女は初婚なんです。

今回のブログは私が経験した事じゃありませんが、友達の了解を貰ったので是非読んで戴きたいんです。

婚活応援人
もうね…全力で幸せになって欲しい

彼女の名前は仮にA子としますね。

A子は若い頃から免疫系の難病を患っていて、ずっと入退院を繰り返していました。

本人も結婚は諦めていて、周囲にいる友だちも「A子はずっと独身なんだろうな…」と思っていただけに、結婚の知らせが嬉しくてたまりません。

50代の恋愛と結婚

50代に入ると「恋愛なんて私には関係ない」って思っちゃう女性が多いかと思います。

女性も30代、40代の頃ってキラキラ感が残っているのですが、50代に入ったとたん「おばあさん」の枠組みに突っ込まれてしまう感があるんですよね。

既婚、未婚を問わず「50代で恋愛できるのは特別な人だけ」みたいなイメージがあって、普通レベルの人の場合「私には関係ない」って感じで一歩引いてしまうかと思います。

今回、52歳で結婚するA子は美魔女タイプではありませんし、派手で遊び好きな子でもありません。

どちらかと言うと真面目と言うか、地味と言うか…って感じの人なんです。

婚活応援人
A子自身、自分が結婚出来るなんて奇跡だと言っています

52歳で結婚するA子の略歴

A子は比較的裕福な家庭で育ちました。

地元の高校、短大に進学。卒業後は実家の家業(タバコ屋)を手伝いながら、ずっと家で過ごしていました。

「家業手伝い」と言うと最近では「ちぇっ。ニートかよ…」と思われるかも知れませんが持病のあるA子の場合、一般企業で働く事が難しかったのです。

メモ

A子のお家はタバコ屋さんがメインではなく、地元で不動産を持っていて家賃収入やガレージ収入がある感じでしたから、持病のあるA子は無理に嫁がず、家で過ごさせよう…と決めていたのかも知れません。

女性が独身でい続けることの辛さ

私とA子は実家同士が近くて「友達」と言うよりも、姉妹のように育ちました。子どもの頃、私にとってA子はは「年上のお姉さん」って感じでした。

「裕福な家の娘さんが結婚せずに家にいる」となると、世間の目は冷たいんですよね。

A子の場合、持病で働く事が出来ませんでしたし、入退院を繰り返していましたから結婚生活なんて夢のまた夢。

A子自身は結婚することも、家を出ることも出来ない自分にコンプレックスを持ってたようですが、自分ではどうする事も出来なかったんです。

婚活応援人
A子は一時、うつ病になったりもしました

メモ

私の個人的な考えなのですが、独身でいる人に対して優しい社会であって欲しいと思います。独身を貫く…と言っても、その理由は人それぞれですよね。

新薬の効果で持病が改善!

A子に人生の転機が訪れたのは50歳の時でした。

婚活応援人
新薬が聞いて持病が大幅に改善されたのです

完治した訳ではありませんがA子はそれまでの人生を思えば随分動けるようになり、趣味や毎日の生活を楽しめる身体になったのです。

医療の進歩って本当に素晴らしいですよね。

そして旦那様との出会い…

A子はタバコ屋や家業の手伝いをしながら、地元の生涯学習センターでやっていた俳句教室に通いはじめました。

俳句をはじめようと思ったきっかけはテレビ番組の『プレバト!!』だそうです。

created by Rinker
¥1,512 (2019/04/01 16:32:23時点 Amazon調べ-詳細)

A子の旦那様になる人は奥様を亡くされた男性で、さみしさを紛らわせるために俳句教室に通い始めたのだそうです。

最初の頃は「俳句教室の仲間」として何人かのグループでお茶を飲んだり、食事をしたりしていたそうですがいつしか2人でデートをするようになり…

婚活応援人
先日、結婚の報告をしてくれたんです

50代カップルが選択したのは事実婚でした

婚活応援人
A子達が選択した結婚の形は「事実婚」でした

メモ

  • A子は初婚でしたが、旦那様は再婚。
  • 旦那様には成人したお子さんがおられます。

A子と旦那様はお互いに話し合って「財産目当てでもない。介護目的でもない」と言うことを家族に知ってもらうために、籍を入れずに事実婚と言う形で結婚生活をスタートするようです。

婚活応援人
だけど結婚式はちゃんとするんですよ

「A子にウエディングドレスを着せてやりたい」と言う旦那様の希望で結婚式やハネムーンは一般的な新婚カップルと同じように行うことになりました。

もちろん、旦那様のお子さんやA子のご両親も出席します。

私も結婚式に招待されていて、今からA子のウエディングドレス姿が楽しみでなりません。

50代で結婚するA子が伝えたいこと

婚活応援人
今回、私が自分の体験でもないのにA子の事を書いたのには理由があります

A子自身から「婚活ブログを持っているなら、私の事を書いて欲しい」と頼まれたからなんです。

A子は今までずっと独身で辛い思いをしてきました。

それだけに「同じ境遇の女性に自分のことを知って欲しい」と思ったそうなのです。

A子

50歳を過ぎても諦めないでください!

結婚を控えたA子はとても幸せそうですし、身贔屓を抜きにして綺麗だと思います。

A子には幸せになって欲しいと思っています。そして私はA子のウエディングドレス姿を見るのが楽しみでなりません。

-婚活
-, , ,

Copyright© ゆる恋婚活 , 2019 All Rights Reserved.