年末年始

男心を掴む「あけおめメール」のテクニック

年末年始というと、つい忘年会やクリスマスにばかり目がいってしまいがちですが、お正月の事は考えていますか? 年末年始は気になる男性との距離を縮めるには絶好のチャンス! 今回は男心をわし掴みにする「あけおめメール」けのテクニックをご紹介します。

あけおめメールのテクニック

「ありがとうございました」と感謝の言葉

職場の同僚等「微妙に親しい間柄」になると、つい軽いノリのメールを送ってしまいがちですが、新年くらいは少し改まってみてはいかがでしょうか? 男女問わず「ありがとう」と言われて嫌やな気分になる人はいません。「年末にミスした時フォローしてくれてありがとう。すごく嬉しかったです」等、具体的なエピソードを添えると効果的。

「頑張ってね!」と応援メール

メールを送る相手の目標や夢が分かっている場合は応援の言葉を書いてみてください。例えば「キャリアアップ試験、もうすぐだけど頑張ってね。応援しています」とか「最近、筋肉ついてきたよね。今年もトレーニング頑張ってね」など、「いつもあなたの事を気にかけています」と言うアピールを。

一斉送信ではない「特別な」メール

2人だけしか知らない事、あるいはメールを送る相手限定の内容の文章を必ず入れてみてください。例えば感謝の言葉を書いたとしても「昨年は色々ありがとうございました」では「自分にだけ送ってくれたのではなく、一斉送信のメールかな」と思われてしまうと、あけおめメールを送っても印象が薄くなってしまうかも。

相手の趣味に合わせたメール

相手の趣味を知っている場合は、それに合わせたメールを意識してみてください。彼に好きなキャラクターがあれば、デコメの素材に取り入れてみるとか、好きなアーティストの話題を入れてみるとか。話をするキッカケになるかも知れません。また「自分の好きなものを相手が知ってくれている」って、それだけで嬉しい気持ちになりますよね。

「年明けに飲みに行こう!」と誘ってみる

男性は女性から誘われるとドキッっとするもののようです。食事でも飲みでも、ランチでもかまいません。「年明けに会うのが楽しみです」的なアピールにもなりますから、是非一文入れてみてください。文章の最初に入れると「お誘いメール」っぽくなってしまうので、最後に、サラリと付け加えるのがポイントです。

「○○さんにとって良い1年でありますように!」

相手の幸せを願う一文入れてみてください。年のはじめに幸せを祈ってくれる人がいるって、なんだか良い気分になりませんか? 少なくとも嫌な気分になる人はいないと思います。そして幸せを願う一文には、必ず相手の名前を入れること。

疎遠になっている人に送ってみる

「ちょっと気になる人なんだけど、最近ちょっと疎遠になっていて……」という人はいませんか? 人間関係って、取り立てて理由はなくても一度疎遠になってしまうと、なかなか声をかけ難くなってしまうものですが、あけおめメールなら不自然な感じはありません。メールをキッカケにして、交流が復活……なんて事も期待出来るかも。

まとめ

いかがでしょうか? たかがメール。されどメール。特に人恋しい時に届くメールにはグッとくるものがありますよ。幸運の女神様は前髪しかないと言われています。年末年始は恋を掴む絶好のチャンス! せっかくのチャンスは逃さないように活用してくださいね。

-年末年始
-, , , , , ,

Copyright© ゆる恋婚活 , 2019 All Rights Reserved.